スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの中のその感情は

その感情は

どんな色で
どんなカタチで
どんな感覚がして
身体のどこにそれを感じるのだろう。

その感情に名前をつけるとしたら、それは「悲しみ」「怒り」「喜び」だったりするのかもしれない。

その名前だけを認識するのではなく

それは、どんな感覚なのかを意識してみてはどうだろうか。

あなたに気づいてほしいその感情は、名前をつけられたくらいじゃ、満足しないかもしれない。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。