スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術療法

新月〜冬至 付近まで
感情や肉体の浄化作用でなかなか外にも出れなかったのですが

徐々に復活し
昨日の冬至を機に、流れが一転したようです。

まさに
「陰 極まれば、陽となり....」ですね。
お陰で
これからの方向性などがはっきりし
自分の中での覚悟も定まりました。

そんな、冬至あけの今日は
としくら えみ さんの芸術療法のクラスでした。

6月辺りから、毎月学ばせて頂いていますが
今日のにじみ絵は
今までにないほど、自分自身と向き合い
色の世界に入り、色に浸れました。




羊のにじみ絵です。

星降る丘で
夜空を見上げる羊

クリスマスも近いからか
描き上げると、私の中では
「ベツレヘム、キリストの産まれる夜
星降る丘で夜空を見上げる羊」

そんなストーリーが浮かびました(*^^*)



いつも描くと
自分の中でストーリーが産まれます(*^^*)

2枚目は
キャンドルです。



暗闇の中で灯る
キャンドルの炎

私の光ですね。

キャンドルを描くと
柔らかく、暖かな感覚になります。
まるで、本当に炎が灯っているような感覚です。



その後は
羊毛で、大天使と子天使を作ったり
トランスパレントの紙でキャンドルホルダーを作りました。







改めて
芸術、色がもたらしてくれる
素晴らしい感覚、作用を体感し
更に学びを深めていきたい!
そんな決意をした、クラスとなりました。

心、魂、肉体へと
芸術、色や音は働きかけてくれます。
内側にある
私自身が引き出されていきます。

各々が
自分自身を色で表現する時間は
掛け替えのないものですね。

とても素晴らしい1日を
ありがとうございました❗️

愛と感謝をこめて

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。