スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本来あるべき位置へ

最近、衝撃の体験をしまして
良いものなんですけどね。

その時に
やはり、本来あるべきべき姿へ戻る、正しい位置へと戻ることで
不要なものは手放され(向き合う必要ありですが)、癒され目覚めるのだと再実感しました。

それは「誰か」が癒してくれたり、目覚めさせてくれるんじゃなくて「自分」で癒して、目覚めるんです。

本来のチカラが発揮されるということ。



結局のところ
誰かに、一瞬癒してもらったとしても
それはクイックマッサージでしかなく
根本的な解決にはならないので
すぐにまた戻るんですよね。

これは
受ける側の気持ちが
「やってもらってる」感覚だったり
施術側も自分がやってあげている感覚だと陥りやすいように思うんだけど


人にやってもらったから
また暫くしたら同じ症状が出ても
なぜそうなるのか?と自分と向き合うこともなく


何か調子が悪くなれば
◯◯さんのところに行けば治してくれる。

◯◯さんに聞けば、どうすれば良いか教えてもらえるから、その通りにしよう。

でも
それは上辺だけのものなので
暫くすると、それさえも効かなくなってくるでしょう。

結局のところ
自分で気づき、自分で癒し、自分で目覚めるしかない。

自分と向き合うことを促す
セラピー、ヒーリング、リーディング、ワーク、芸術などは沢山あるので

なかなか自分で根本的な問題を見つけ
それと対峙することが難しければ
信頼できる第三者へサポートをお願いすれば良い。

けれど
忘れてはいけないのは
誰かがやってくれるんじゃなくて
全て自分でやるんだってことです。


自分で自分の人生を生きるために
セラピーやヒーリング、リーディング、ワークを活用するんですよ。

受け身ではありません。
全て自分が主体、自分の責任においてやるのです。


私自身もそういう生き方
そして、そういうセラピーを提供できるよう日々意識していこうと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。